2020年9月26日(土) web会場@

9:35-10:35 招待講演
「原爆被爆禍とCOVID−19パンデミック−その意外な共通点−」
広島大学名誉教授元原爆放射線医科学研究所 教授 大瀧慈氏
11:00-12:00 教育講演@
「次はあなたの出番ですー次の放射線事故・災害にどう取り組むかー」
広島大学原爆放射線医科学研究所 放射線災害医療開発研究分野 教授 廣橋伸之氏
13:00-14:00 日本放射線看護学会・日本放射線技術学会共同企画
「看護職者の放射線診療(業務)従事者を指定するためのガイドライン」の紹介と今後の課題
東京医療保健大学  堀田昇吾氏
14:15-15:15 教育講演A
「予期せぬ放射線被ばくに対する線量評価の方法」
広島大学原爆放射線医科学研究所 線量測定評価研究分野 教授 保田浩志氏
15:25-16:25 教育講演B
「高精度放射線治療の現状と展望」
広島大学大学院医系科学研究科 放射線腫瘍学 教授 永田靖氏
(広島がん高精度放射線治療センター センター長)

 

2020年9月26日(土) web会場A

10:30-12:00 交流集会@
「原子力災害から10年目の今、看護職としての備えは万全か」
山田裕美子氏(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
12:50-14:20 交流集会A
「放射線看護モデルシラバスの活用に向けてーモデル授業 その1 放射線の基礎ー」
日本放射線看護学会学術推進委員会
西沢義子氏(弘前医療福祉大学保健学部)
14:35-16:05 交流集会B
「放射線看護の専門性と役割開発−放射線看護の高度看護実践教育課程修了生の活動から−」
日本放射線看護学会学術推進委員会
新川哲子氏(長崎大学原爆後障害医療研究所)
16:20-17:50 交流集会C
「すべての人々のWell-Beingをめざす放射線看護−第8回学術集会開催の経験から−」
木下美佐子氏(福島県立医科大学看護学部)

 

2020年09月27日(日) web会場@

9:30-11:00 パネルディスカッション
「小児の放射線治療とプレパレーション」
座 長 :
広島大学病院 副病院長・看護部長 佐藤 陽子 氏
パネリスト :
広島大学病院 看護部 副看護師長 小児看護専門看護師  武澤 友弘 氏
広島大学病院 診療支援部 放射線治療部門 越智 悠介 氏
広島大学病院 チャイルド・ライフ・スペシャリスト 藤原 彩 氏
11:10-12:10 教育講演C
「低線量肺がんCT検診が肺がん死亡率を低下させる」
広島大学大学院医系科学研究科 放射線診断学 教授 粟井和夫氏
13:00-14:30 教育講演D
「放射線治療の普及に向けた認定看護師の役割」
広島がん高精度放射線治療センター 岩波由美子氏
14:45-15:45 教育講演E
「原爆放射線の健康影響:放影研の成人健康調査」
放射線影響研究所 臨床研究部 大石 和佳氏
15:45-17:15 交流集会G
「放射線診療における困難事例に関する検討会 第2回」
大石景子氏(国立病院機構長崎医療センター看護部)
17:15-17:20  次回大会長挨拶
弘前大学大学院保健学研究科 看護学領域 教授 野戸結花氏

 

2020年9月27日(日) web会場A

10:30-12:00 交流集会D
「大学が展開する放射線リスクコミュニケーションの教育」
木立るり子氏(弘前大学大学院保健学研究科)
12:50-14:20 交流集会E
「看護職への原子力災害医療教育を考える」
吉田浩二氏(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科)
14:35-16:05 交流集会F
「Society5.0の時代にむけた放射線看護教育:
 e-learning からVRまでいつでもどこでも学べる環境を」
漆坂真弓氏(弘前大学大学院保健学研究科)

 

2020年9月27日(日) web会場B

大会長講演
「放射線に対する健康不安対策としての平常時の取り組み」
広島大学大学院医系科学研究科 地域学校看護開発学 教授 川崎裕美氏
大会長挨拶
広島大学原爆放射線医科学研究所 教授 廣橋伸之氏