最近ときどき聞く言葉、「ワーケーション」

ワーケーションとは?

ワーケーションとは「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を合わせた造語で、観光地・リゾート・地方などのいつもとは違う場所で働きながら休暇も楽しもう、という働き方を意味します。在宅勤務やレンタルオフィスなどでのテレワーク、リモートワークなどとは区別されているそうです。

働く場所が日常か非日常かの違い、といった感じですね。

ワーケーションは2000年代にアメリカで導入されたと言われており、日本では2019年ごろから「有給休暇の消化」「地域活性化の一環」などと絡めて言葉が広がりだしたようです。そして2020年に入って、Withコロナ時代の働き方のひとつとして注目されるようになったそうです。

昔の文豪や画家などが避暑地や温泉地・保養地などに滞在して創作活動をしていたのは、ワーケーションの先駆けみたいなものなのだろうか?などと思ったりしました。

 

約4割の人が今後「ワーケーションは普及する」と思っている

「日本トレンドリサーチ」のインターネットでのアンケートによると、今後「ワーケーション」という働き方は普及していくと思うか、アンケートを取ったところ、39.5%の人が「思う」と回答した、との事でした。


引用:日本トレンドリサーチ(2020/08/04)https://trend-research.jp/4108/

ワーケーションは今後の働き方のひとつとなるかも知れませんね。

 

ワーケーションのメリットとデメリット

「仕事をしながら休暇」と聞くと、なんだか楽しそうですが、世の中良いことばかりではないはず。
そういうわけで、ワーケーションのメリットとデメリットを考えてみました。

ワーケーションのメリット

■長期休暇が取りやすくなる

休暇中の1日だけテレビ会議に出るなどの必要最小限の業務をしながら休暇も楽しむ、などの柔軟な対応ができるようになります。
例えば水曜日~月曜日までの6日間のうち金曜日の1日だけを滞在先でテレビ会議や報告書類などの仕事をして、残りの5日はリゾート満喫、ということも可能になります。

■リフレッシュによりモチベーションアップにつながる

そもそも普段のオフィスとは違う場所にいるため、それだけでもリフレッシュになります。
そして、観光地・リゾート・地方などの自分の好きな場所で働くこと、家族や仲間とのコミュニケーションの機会が取れることなどで、モチベーションの向上が期待できます。

■効率的に仕事ができる

通勤から解放されるので、通勤ラッシュのストレスがなくなり、通勤時間分の時間が浮き、その時間を家族や仲間との時間やひとりの時間に費やすことが出来ます。
また、オフィスでのように、突然話しかけられることや誰かが訪ねてくることもないので、集中して仕事に取り組めるので、いつもと違った環境で新しいアイデアが生まれることも期待できます。

ワーケーションのデメリット

■仕事と休暇の切り替え、線引きが難しい

ワーケーションには、オンとオフの切り替えが難しいという課題があります。
休暇に仕事を持ち込むワークスタイルは、仕事で休暇の時間が思った以上に削られる可能性もあります。
逆に休暇の時間に夢中になってやりたかった仕事をする時間がなくなった、などということも起こりそうです。
休暇中はパソコンを扱う時間を決めるなどして、の切り替えをしっかりすることで、仕事も休暇も中途半端にならないように気を付けましょう。

■個人情報の管理やパソコンなどの盗難対策などが必要

休暇先で自分のオフィスのような通信環境が整っていることはなかなか無いのかもしれません。
Wi-Fi環境などは、ある程度の環境が整えられるか、確認しておきましょう。
また、個人情報やパソコンの盗難防止などの情報漏えいのリスクを抑える工夫も必要になります。

 

ワーケーションが上手くいくためには

今後普及していきそうなワーケーションですが、メリット・デメリットを考えると、ワーケーションを成功させるには「仕事と休暇のメリハリをつけること」や「ワーケーションをするのに整った設備」などは最低限必要になりそうです。
また、家族や会社・取引先など、自分のまわりの人たちのワーケーションに対する理解というのも大事になってきそうです。

興味のある方は、ワーケーションが自分の仕事内容やスタイルなどにあうのかどうか、一度お試しをしてみるのも良いのではないでしょうか。
ワーケーションに興味を持った方に、少しでも参考になれば幸いです。

 

「おためしワーケーション」はいかが?

尾道で海を眺めながら仕事と休暇を!尾道でワーケーション

レトロな路地や坂道のまち、しまなみ海道の玄関口としも有名な「尾道」でワーケーション!海を臨めるシェアオフィスで仕事をして、リフレッシュを!

尾道市内のホテル宿泊代とデスク・ミーティングルーム・カフェカウンターなどが揃った海を眺めながら仕事ができるコワーキングの施設「ONOMICHI SHARE」の利用券がセットになったワーケーションプランです。短期間プランなので「おためしワーケーション」におすすめです。もちろんワーケーションに慣れた方もご利用頂けます。

リフレッシュの時間は映画のロケ地巡り、猫の細道、尾道ラーメン、しまなみサイクリング・・・などもいかがでしょうか。

尾道でワーケーションする? >

 
 
 

関連記事

  1. 日常の近くにある、非日常 ~ステイケーション~

  2. ヨーロッパに行ってきました。【(その3)ロンドン編➀】

  3. 長崎 五島列島の旅